コロナうつにヨガやピラティスが効果的!! 理由を解説!

2021.01.13 ストレスケア

コロナウィルスの蔓延により、「コロナうつ」と呼ばれる症状を訴える人が急増しています。コロナウィルスは、「自分が感染してしまうかもしれない」「他人が感染してしまうかもしれない」という不安を与える存在です。

そのため、気がつかないうちにストレスを感じるのです。ストレスは、ホルモン系や自律神経の機能と免疫システムが連携し、免疫力を落とします。免疫力を高めるためには、自然免疫で働く、免疫細胞であるナチュラルキラー細胞の存在がかかせません。

ピラティスやヨガで免疫力UP

免疫力を上げる時におすすめなのが、ピラティスやヨガです。ピラティスは、筋肉トレーニングよりも手軽に行えるエクササイズのような動的な動きが多く、ヨガは、自分の呼吸に意識を向け内面に働きかける効果が高いものです。

うつは、快や不快を司る「大脳辺縁系」と呼ばれる部分や、感情をコントロールする「前頭前野」に異常が起きることで発症すると考えられています。

「コロナうつ」が蔓延している理由は、「わからないことに対する不安」が大きすぎて大脳辺縁系が異常を起こしているから。うつは心の問題ですが、身体の調子が悪かったり、栄養が行き届いなかったりすることでも起きる病気です。

ヨガやピラティスが「コロナうつ」に効果的な理由は、大脳の暴走を抑え自律神経系に働きかけ、血流の循環を上げてくれるため、心身に良い影響をもたらすからです。呼吸に意識を向けたヨガは、副交感神経優位の状態になり、リラックス効果を高めます。

 

マインドフルネスな自分を取り戻す

ピラティスは、一つ一つの動作を意識的に行うことにより、ストレスで狂ってしまった機能を正常に戻し脳を最適化してくれます。また、ピラティスは、呼吸と集中を行うことで、「マインドフルネス」という状態になります。「マインドフルネス」とは「今この瞬間に気づくこと」です。

今この瞬間に起きていることに気づき、過去や未来にさまよう思考を現在に集中させます。すると、不思議と身体が緩まり、やる気がでてきて、前向きな思考になるのです。

ヨガやピラティスを行うことで、無意識にコロナウィルスから受けていたストレスをコントロールできるのです。コロナウィルスの蔓延は今も続いており、収まる気配がありません。しかし、ヨガやピラティスを続けることで、免疫力を高めウィルスに負けない体作りができるのです。

ヨガやピラティスは自宅でも簡単に行えます。コロナウィルスと上手く付き合っていく技術を、ヨガやピラティスで身につけてみてはいかがでしょうか。

  • fb
  • tw
  • line