コロナに負けない! マインドフルネスヨガでストレス対策

2021.02.17 マインドフルネス・瞑想

長引くコロナ禍で外出制限によって運動不足になったり、仕事が減って収入が少なくなったりと、精神的に負担のかかりやすい状況が続いています。
自分に合ったストレス対策を取り入れて、心の健康を守っていくことが大切です。

マインドフルネスヨガは自宅でも手軽に取り入れることができ、不安に強い心を育てることができるので、コロナ禍のストレス対策におすすめです。
この記事では、マインドフルネスヨガを日々の暮らしに取り入れてストレス対策をする方法をお伝えします。

 

マインドフルネスヨガってなに?

マインドフルネスヨガとは、一切の雑念を取り除いて、「今この瞬間」に意識を集中するマインドフルネス(気づき)の状態で行うヨガのことです。
スポーツジムのプログラムなどのヨガはエクササイズ効果を中心にしたものが多いですが、一方のマインドフルネスヨガは、より精神的な部分に重点を置いています。一つ一つのヨガのポーズを行いながら、雑念に流されず、自分の体と呼吸に意識を集中させ続けます。

深い呼吸の中で行うので自律神経が整ってリラックス効果も高く、脳を休めることができます。マインドフルネスヨガを継続すると集中力が育まれ、不安や雑念でさまよいがちな心をしっかり一点に定められるようになります。その結果、感情コントロールがうまくなり、ストレスに強い心を作ることができます

 

コロナ禍ストレスにマインドフルネスヨガをすすめる理由

長引くコロナ禍で、終わりの見えない自粛生活や仕事への不安から、漠然とした不安感を抱える人が増えています。2020年9月に厚生労働省が約1万人を対象にしたインターネット調査を行ったところ、そわそわ感や気分の落ち込みを感じた人は、全例の半数程度もいたと報告されています。

引用元:厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルスに関する調査概要・結果

コロナ禍のストレス対策には、マインドフルネスヨガがおすすめです。
自宅でじっくり行えば静かな環境で自分の心に向き合えますし、外出しづらい状況でも継続することができます。在宅勤務の合間や家事・育児のすきま時間などで気軽に取り入れられるのも、マインドフルネスヨガの魅力です。

 

マインドフルネスヨガのやり方

締め付けのない服に着替え、ヨガのポーズを取りましょう。
ヨガにはたくさんのポーズがありますが、まずは難易度の低めなポーズを選ぶと良いでしょう。おすすめのポーズは「押し上げのポーズ(ウールドヴァ・バッダ・ハスタ・アーサナ)」です。

1. 両方のつま先を正面に向けて軽く足を開いて立ち、下腹を締めて背筋を伸ばす。
2. 胸の前で手指を組み、息を吸いながら手のひらを返して天井に向かって腕を上げる。
3. 息を吐きながら上体を右に倒し、体側の伸びを感じる(3~5呼吸キープ)。
4. 息を吸いながら上体を中央に戻し、反対側も同様に。・両足は肩幅ほどに開き、両手を頭の上で組む。

以上が押し上げのポーズです。
もしかしたら「こんな簡単なポーズでいいの!?」と驚かれるかもしれません。ですが実際にやってみると、ポーズを取っているうちにいろいろな雑念が浮かび上がってくるのではないでしょうか?
マインドフルネスヨガの目的は難しいポーズをとることではなく、ポーズを維持しながら意識を一点に定めることが大切なのです。

自分の身体のパーツひとつひとつに順番に意識を向け、右足はどのような感じがするか?どの筋肉が伸びていて、どこが緊張しているか?など、体を動かしながらそれぞれのパーツの感覚の変化に集中します。
鼻から吸って、鼻から吐く深い呼吸を味わいましょう。

途中で意識が逸れてしまったり、雑念が思い浮かんでしまったりしても、大丈夫です。気づいたところでそっと自分の意識を呼吸や身体に集中させます。

最初のうちは5分でも良いので、毎日継続しましょう。
続けるうちに集中力が高まっていき、2ケ月くらい経つと「そういえば感情に振り回されにくくなった」など効果を感じることが増えてくる人が多いです。

自分一人での継続が難しい場合は、ヨガスタジオに通うほうが身につきやすいでしょう。フィットネスクラブでは健康効果を優先するタイプのプログラムが多いですが、ヨガスタジオの中にはマインドフルネスヨガを学べるところもあります。見学に行けば、スタジオの雰囲気や感染対策の様子を見ることができるので、コロナ禍でも安心してレッスンに通うことができますよ。

 

まとめ

・長引くコロナ禍で、ストレスに苦しんでいる人は多い。
・マインドフルネスヨガは集中力を高めて脳を休めてくれるので、ストレス対策におすすめ。
・マインドフルネスヨガはすきま時間や自宅でも行うことができるため、コロナ禍の環境でも取り入れやすい。
・マインドフルネスヨガを学べるヨガスタジオもあり、定期的に通うと身につきやすくなる。

コロナ禍ストレスに負けない心を、マインドフルネスヨガで育てましょう!

  • fb
  • tw
  • line