ピラティスでマインドフルネス【ぐるぐる思考にさようなら!】

2021.01.19 マインドフルネス・瞑想

いやなことがあると、頭の中で何度もそのことばかり考えてしまい、ますます憂鬱になることはありませんか?そんな「ぐるぐる思考」から抜け出す方法として、マインドフルネスは大きな注目を集めています。
実は、ピラティスは美容や健康によいだけでなく、マインドフルネスで心を整える効果もあるんです!
この記事では、ぐるぐる思考から解放される方法・マインドフルネスについて紹介し、ピラティスのマインドフルネス効果について説明します。

 

ぐるぐる思考から抜け出す方法・マインドフルネスとは?

マインドフルネス(mindfulness)とは、今この瞬間に集中すること。古代インドの「サティ(sati)」という言葉の英語訳としてあてられたもので、直訳すると「心をとどめておくこと」、「気づき」です。
GoogleやYahooなどの名だたるグローバル企業が社員のストレスマネジメントとして取り入れているのがこのマインドフルネス。今この瞬間だけに意識を集中させることで、ネガティブな感情によるぐるぐる思考をストップすることができます。
マインドフルネスの具体的なやり方として有名なのは、姿勢を正してぴたりと静止し、呼吸に集中する「マインドフルネス瞑想」ではないでしょうか。しかし、エクササイズをしながらマインドフルネスになることもできます。
ピラティスは、マインドフルネス状態を作るのに適したエクササイズです。

 

ピラティスは「動く瞑想」

ピラティスは、動く瞑想とも呼ばれています。
インナーマッスルや体幹に常に意識を集中した状態で体を動かし続けるため、心を一点に集中させ、マインドフルネスな状態になることができます。
体勢をコントロールし、動きの質を上げていくなかで、集中力や精神力がはぐくまれていきます。
ピラティスを継続するほど、集中力が高まりマインドフルネス効果も高まっていきます。

 

マインドフルネスに効果的なピラティスの呼吸

ピラティスでは胸式ラテラル呼吸という呼吸法を使うのですが、この呼吸法は脳をすっきりさせ、体の活動性を高める効果があります。
胸式ラテラル呼吸は、自律神経の一種である交感神経を刺激します。
交感神経は体に緊張感を与え、生き生きと行動するときに活発化する神経です。
ピラティスは呼吸で集中力を高め、自身の動きに意識を集中させるため、マインドフルネス効果が高くなるのです。

 

まとめ

・マインドフルネスは「今この瞬間に集中すること」
・ピラティスは動く瞑想と呼ばれ、マインドフルネス効果が高い
・ピラティスは、呼吸で集中力を高め、自分の筋肉の動きに集中するエクササイズ

以上、ピラティスのマインドフルネス効果についてご紹介しました。
ピラティスを継続するほど集中力が磨かれて、マインドフルネス効果が高まっていきます。みなさんもぜひ、日々の生活にピラティスを取り入れてみてくださいね。

  • fb
  • tw
  • line