マインドフルネス瞑想でストレス対策!心をリラックスさせよう

2021.01.19 マインドフルネス・瞑想

ストレスをためて我慢している方は、マインドフルネス瞑想を実践してみてはいかがでしょうか?

マインドフルネス瞑想にはストレスを軽減させる要素があり、日頃のストレス対策におすすめしたい方法です。今回はマインドフルネス瞑想がストレス対策に効果的な理由など解説するので、心をリラックスさせたいときに参考にしてください。

 

マインドフルネス瞑想がストレス軽減になるのはなぜ?

私たちはストレスを感じると心が不安定になり、思考がまとまらなくアレコレと考えて落ち込んでしまいます。いろいろと考えるわりにストレスと真正面から向き合うことを避けてしまい、そのままにしてしまうことが多いです。

マインドフルネス瞑想は現在の状況を認識させる目的があり、いま起こっている問題を正しく認識できる姿勢が養えます。

ストレスについて対策を行うためには、ストレスを感じていることを認めなくてはいけません。いまの自分には何がストレスになっているのかをきちんと見つめて、原因になっていることをどう解決するのかの考えが必要です。

マインドフルネス瞑想を実践していくと現状に意識が向くようになり、ストレスとも素直に向き合えるようになるでしょう。ストレスの問題と解決策がマインドフルネス瞑想ではっきりと見えることで、心もリラックスでき抱えているストレスを軽減していけます。

精神的に負担となっている要因を直視するのはとてもつらいですが、ストレスは悪化するとうつ病になる恐れがあるので問題から逃げてはいけません。マインドフルネス瞑想でいまの自分にあるストレスを認めて、頑張って心の負担を軽くしていきましょう。

 

マインドフルネス瞑想はヨガを行いながらが良い

マインドフルネス瞑想はただ瞑想するだけよりも、ヨガを行いながらの方が今の状態に意識が向きやすいです。

ヨガの呼吸法は口で息を吸って吐く方法ではなく、息を吸うときは鼻から吸い息を吐くときは口から吐く腹式呼吸法を行います。ポーズをとりながら腹式呼吸法を行うのは集中力がいるため、マインドフルネス瞑想との相性が良く、腹式呼吸法による心のリラックスの相乗効果も期待できます。

ヨガのポーズは座ったままできるものや寝たままできるものも多いので、食後に座って休憩しているときや就寝前などに簡単に実践することが可能です。ストレス対策のためにマインドフルネス瞑想をする場合は、ヨガによる方法を選んでみてください。

 

まとめ

マインドフルネス瞑想を行うとストレスに向き合うことができ、落ち着いて対処方を考えられるようになるでしょう。

ヨガスクールではマインドフルネス瞑想によるストレス対策をより詳しく知ることができるので、プロによる指導を受けながら学んでみるのもおすすめとなります。

ヨガとマインドフルネス瞑想を行い、ストレスを解決していきましょう。

  • fb
  • tw
  • line