マインドフルネス瞑想の効果がすごい!と思った体験談

2021.01.12 マインドフルネス・瞑想

「瞑想」というと何をイメージしますか?
怪しい?暗い?瞑想はどちらかというとちょっと怪しげなイメージが湧いてしまいがちでよね。また、瞑想は古来から伝えられ人の心にとてもプラスの効果があるとされてきたものの、文明が発達した時代の現代人にも合うのでしょうか?古いのでは?
そんな事はないんです!!
瞑想について怪しいと思っていた私が、瞑想を経験して感じた凄い効果について、体験談をご紹介します。ちょっと怪しいという印象がぬぐえない瞑想への入り口になれば幸いです。

禅女子/ぴころ

 

瞑想の効果がすごい!体験談

瞑想の効果を実感

私が初めて瞑想と出会ったのは、お寺での体験でした。ちょっといつもと違う旅行がしてみたいな。心が落ち着く旅行がしたいナ。そんな時に友人と「お寺に宿泊&精進料理をいただく&坐禅を組む」という企画に応募したのです。
お寺は東京から日帰り出来る、でも田舎の静かな田園地帯にありました。そこで超おいしい精進料理をいただき、田園地帯や近所の山を散策しました。その翌朝、旅行のビックイベントでもある坐禅に参禅したのです。

お寺ではお線香一本分である約40分間、坐禅をします。かなり長く感じてしまい、実際のところ集中出来ない時間帯もありました。感想を一言でいえば「退屈な体験」でした。
でも、終了直後には「ちょっと走った後のような気持ちがリフレッシュした感覚」がありました。そして、効果はさらに翌日に出てきました。翌日いつも通り会社に行ったら、なにか気持ちが違いました。いつも他人に対してイライラしていたのに、その日は気持ちが落ち着いていて、周囲との関係がいつもよりスムーズにいったのです。

瞑想を生活に取り入れる

瞑想の効果に驚いた私は、瞑想っていいかもしれないと、瞑想を日課にする事にしました。瞑想は本来、自分の部屋でひとりでもできるものです。でも現代人の私たちにとって、ひとりで瞑想するのはかなり難易度が高いことに気が付きます。やはり一人でじっと座っていることは、雑音の多い現代人にとっては難しいことなのです!
そこで私は会社帰りに坐禅会や、一日瞑想会などに通いました。お勤め帰りのサラリーマンやOLが瞑想にいそしむ様子はちょっと不思議ですよね。

 

 

瞑想の効果の時間

瞑想の効果を時間で分けると、『瞑想している最中の時間』『瞑想直後の時間』『瞑想の翌日以降の時間』に分けられると思います。瞑想で一番気持ちがイイ瞬間はいつだと思いますか?
実は私の場合は、瞑想している時ではなく、瞑想が終了し、解放された瞬間です。
瞑想している時間は考えないようにしても考えてしまうし、慣れていない人にとって、瞑想する時間はかえって落ち着かなく感じることも多いはず。
でも瞑想終了直後は、解放感とリフレッシュされた気持ちでいっぱいになり、かなり幸福感が高いのです。もちろん人によっては、瞑想中が一番気持ちが良い方や、翌日の効果が抜群という方も。ひとそれぞれ違うと思うので、是非ご自身の瞑想効果を探してみてください。

 

マインドフィルネス瞑想の一つ、ピラティス

坐禅で得られる瞑想状態、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」をマインドフルネス瞑想ともいいます。

今回皆さんに坐禅の瞑想の効果についてご紹介しましたが、デメリットとしては、慣れない人にとってはずっと坐っているのはかなりシンドイこと、ひとりでは続けづらいという点が挙げられます。しかし、この坐禅の瞑想を行う2つのデメリットを解決した現代的なマインドフルネス瞑想があります。それは、「ピラティス」です。
ピラティスは動く瞑想とも言われ、呼吸や身体の動き(背骨や筋肉を微細に動かしていく)を通して自分自身に意識を向けていくため、動きながら瞑想状態になり、レッスンを終えた後、瞑想を終えた時と同じような感覚を得られます。

現代人は常に、動いていたり、音楽を聴いたり、TVを見たりおしゃべりをしたり、ネットを見たりと、毎日常に大量の情報や刺激にさらされています。そんな刺激を遮断しリセット効果のある瞑想。
なかなか一人で実践するのは大変なので、ピラティススタジオや座禅会などの場所へ行けば、ひとりではできない瞑想も習いごと感覚で続けられると思いますよ。ぜひ試してみてください!

  • fb
  • tw
  • line