瞑想の効果絶大!? ピラティスの謎にせまる!

2021.01.12 マインドフルネス・瞑想

現代を生きる私たちは色々なストレスにさいなまれています。会社でも家庭でもなかなかリラックスできる場所はありません。それをほうっておくと、うつになってしまう可能性もあります。そんなストレスから解放されて心穏やかな時間を過ごしたい方にぴったりのメソッドが瞑想になります。
今回は瞑想の効果と、動く瞑想と言われているピラティスの効果について詳しくご説明していきますね。

瞑想は、世界中から注目を集めている

姿勢を整えて自分の心を静かに見つめる瞑想は、いま全世界から注目を集めています。
Googleなどの大手企業も瞑想を取り入れていますが、「現状を理解する力が深まった」「人の話を聞く余裕が自分の中にできた」「苦しみの中にポジティブさを見いだすことができた」などその効果は絶大のようです。瞑想を取り入れている企業はGoogle以外でもP&Gやゴールドマン・サックスなど名だたる優良企業があります。それだけ効果が見られるということなのです。

ストレスとは一体なんなのか?

人がストレスを感じる状態を脳のメカニズムから見ていきましょう。まず人はストレスを感じると脳に存在する「扁桃体」という部分が過剰に働きます。するとその働きにブレーキをかける役目をする大脳皮質にある「前頭葉」に負担をかけてしまうため脳が疲労してしまうのです。
ストレスを感じているときは、「今ここ」に集中することができません。過去や未来に気持ちが傾いてしまい、どんどん脳に負担をかけていきます。その結果眠れなくなったり、疲れが取れにくくなるなど、心の不調が体に影響を及ぼしていくのです。

 

ピラティスが、なぜ瞑想と同じ効果を生み出すのか

ストレスを軽減させるため、大変効果のある瞑想ですが、実際に一人でやってみようと思っても、毎日静かに座る時間を作るのは中々厳しいでしょう。しかもそのやり方が正しいかどうかも自信が持てない。そんなときはピラティスを始めることをおすすめします。
「動く瞑想」とも言われているピラティスは、体の動き一つ一つに気持ちをフォーカスします。それを繰り返すことによって、思考が他へ飛んでいくことを防ぎます。つまり「今ここ」を常に意識することができるのです。その為ピラティスをすると気持ちがすっきりするという経験ができるでしょう。もともとピラティスはリハビリ用に開発されたエクササイズでもありますから、運動が苦手な方でも安心して取り組めます。

まとめ

新型コロナが原因で、更にストレスの負荷がかかっている方もいるでしょう。心の不調を感じながらもなにをしていいのかわからない方におすすめしたいのが瞑想です。毎日静かに自分と向かい合うことで、ストレスを軽減していくことができるのです。
そして瞑想のやり方がわからない方はぜひピラティスにチャレンジしてみてください。運動に苦手な方でも始めやすいのですし、体の動きに気持ちをフォーカスする経験ができるため「動く瞑想」としての効果を実感できることでしょう。

 

  • fb
  • tw
  • line