ヨガのポーズは瞑想そのもの? ヨガで瞑想を体感しよう!

2021.01.12 マインドフルネス・瞑想

現在Googleなどの大手企業で瞑想が取り入れられています。その結果、従業員もより作業に集中できるようになったなど仕事の改善がたくさん報告されているようです。
そこで今回ご紹介したいのは「動く瞑想」と呼ばれるヨガです。今回は瞑想をヨガの思想とポーズから読み解いていきたいと思います。

ヨガから見る瞑想の意味とは?

ヨガでは瞑想はとても大切な場所に位置づけられています。ヨガにとって瞑想は、呼吸を通じて五感を意識すること。その集中力が高まった状態のことを瞑想と呼びます。気持ちがふわふわと揺れ動くことがなく、自分がフォーカスをあてた場所に集中できている状態。その中で自分という存在を確実に体感する。それが瞑想だとヨガでは教えているのです。

ヨガのポーズにはどんな意味があるのか?

ヨガでは心と体は一体だと考えます。例えば普段体を動かすこともなく、運動不足の状態が続いていたりすると体は凝り固まっています。その状態でいざ瞑想をしようとしても結局体がリラックスしていませんから心も平穏な状態を作り出すことはできません。
そこで登場するのがヨガです。ヨガではポーズを取りますから体を動かすことになります。少しずつ体の調子を取り戻すことによって心も整いやすくなります。そして瞑想へといざなっていく。ヨガのポーズを取ることによって、体から心へとアプローチをしやすくなるというわけなんですね。

 

ヨガのポーズが目指すところは?

ヨガはポーズを取りながらひたすら自分の心や体と向き合います。いま体はどういう状態にあるのか。深い呼吸はできているのか。心に迷いはないのか。ポーズを取りながらひたすら自分と向き合う。つまりヨガで取るポーズの到達点は瞑想が目指すものと一緒なんですね。ポーズを取って余計なものを振り払い、ただひたすら今ここにいる自分とだけ向き合う。ヨガをすることで瞑想を体感できるのです。
瞑想初心者にとってはただ座って瞑想をするよりも、体からアプローチして瞑想へと入っていくヨガの方が実感しやすいので、瞑想を始めたければヨガをオススメします。

まとめ

瞑想は科学的にも効果のあることが現在ではわかっていて、優良企業でも取り入れられています。でも実際に自分で瞑想を始めようとしてもやりかたがわからない方や、集中することができない方もいらっしゃると思います。
そこでオススメしたいのがヨガになります。ヨガはまず緊張で固まった体をほぐしていきます。そして心をリラックスさせて瞑想へと導いていきます。ぜひ体にも心にも効果絶大なヨガをためしてみてくださいね。

 

  • fb
  • tw
  • line