ストレスやメンタルの不調対策にはヨガが最強?

2021.01.22 うつ・メンタル不調

仕事のことや恋人のこと。そして未来への不安。人生には常に悩みがつきものです。眠れない夜を何日も過ごしたり、ストレスのせいで食欲不振に陥ったりする方もいらっしゃることでしょう。

心身の不調を甘く見てはいけません。長く続くとうつ病になってしまう可能性もあるのです。

そこでおすすめしたいのはヨガです。なぜかといいますとヨガは心と体の両方の不調に効果があるからです。ヨガがなぜストレスやメンタル不調に効果があるのかをくわしくご説明していきますね。

 

コミュニケーション能力の改善に効果が期待できる

人間関係でストレスを感じている方は多いと思います。家族や恋人、仕事関係など、人間関係の悩みはとても深刻です。

そこでヨガの登場です。ヨガを始めると深く呼吸をすることができるようになります。そのおかげで自分の気持ちに余裕を持てるようになります。気持ちに余裕があると相手を批判することも減り、冷静に相手とつき合うことができるようになります。そうすると相手も穏やかになりますからコミュニケーションが円滑になっていくのです。

 

リラックスを感じることができる

ヨガではポーズを取ります。最初は慣れないかもしれませんが、普段使わない筋肉を使うことによってコリも取れていき、体がだんだんと柔らかくなっていきます。

血流も以前よりもよくなりますから、体の緊張が取れていきます。それに従って心にもリラックス作用が働きます。メンタルの不調も少しずつ改善していくことができるようになるのです。

 

心が穏やかな方向に向かっていく

深い呼吸や体の柔軟性が身につくことによって、リラックスできる時間が増えていくようになります。以前は一度落ち込んだら、中々そこから脱出することはできないと感じていた方でも、平穏さを取り戻すのに以前ほど時間が必要ないことに気づくでしょう。

ヨガでは呼吸をコントロールすることが大切になってきます。長く息を吐くことによってリラックスモードに突入できる副交感神経を優位にしてくれます。普段は浅い息をして交感神経が活発になりストレスがたまりやすい状態だった体も一転して、ヨガは呼吸を通じて心身共にリラックスした状態に導いてくれるのです。

 

まとめ

現代ではストレスを避けることはなかなかできません。人間関係や仕事、将来の不安など悩みはつきません。

でもヨガを始めることによって、様々な恩恵が与えられるのです。呼吸法を学び、自分に余裕が持てることによって相手を受け入れやすくなったり、体中の血流がよくなったりすることで心身共に健康的になっていく。そしてヨガは自律神経を鍛えてくれますから、リラックスした状態を保つことができるようになるのです。

ヨガを始めることの恩恵は計り知れません。ぜひヨガスクールの門を叩いてみてくださいね。

 

  • fb
  • tw
  • line