うつ病で苦しむあなたにはヨガがぴったり??

2021.01.22 うつ・メンタル不調

今はコロナ禍の真っ最中ということで、普通の生活がなかなかできません。そのなかでメンタルに悩みを持つ方もたくさんいらっしゃることでしょう。

なんだか最近眠りが浅い気がする。少し動いただけでもどっと疲れてしまう。今まで普通にできていた料理や掃除をするのが大変億劫でつらい。もしそういう症状が続くようであればうつ病になりかかっている可能性があるのです。

では一体うつ病はどんな病気なのか。そしてうつ病に大変効果があると言われているヨガについてご説明していきますね。

 

うつ病とは一体?

うつ病になるきっかけは、環境の変化や人間関係によるストレスなどが多いようです。例えば仕事が変わった。上司が変わって仕事も今までとは違うやり方になった。環境の変化というのは慣れるまでは誰でも負担になるものです。

生真面目な人ほど「早く環境に慣れなくちゃ」とあせってしまい多大なるストレスを抱え込んでしまうこともあるでしょう。そして普段当たり前にできていたことができなくなってしまう。朝起きられなくなったり、トイレに行くのですらぎりぎりまで我慢してしまう人もいるほどです。

うつ病は心と体の両方にダメージを与えます。今までできることができなくなった自分にイライラして、自分のことが嫌いになっていきます。そしてどんどん心と体が蝕まれていくのです。

 

うつ病にヨガが効果絶大?そのわけとは?

今、うつ病にヨガが効くということで見直されています。精神医学分野のジャーナル「Journal of Psychiatric Practice」によれば3ヶ月ヨガのクラスに通った人たちにメンタルヘルスの改善がみられたという結果も出ています。

なぜヨガがうつ病に効くのでしょうか?

ヨガでは腹式呼吸を学びます。腹式呼吸でたくさんの酸素が体内を巡ることで、副交感神経が活発になります。ストレスの負担がかかっている状態では交感神経の方が活発に動いている状態ですから、ヨガの腹式呼吸をすることによってリラックスできる副交感神経が働きます。その結果心身にいい影響を与えるのです。ヨガは自律神経を整えてくれますから、うつ病にはヨガが効果絶大というわけなのですね。

 

まとめ

体調が不調だから必ずしもうつ病になるわけではありません。まずうつ状態という期間が長い間続いて、それが悪化してうつ病になってしまうのです。「なんだか疲れがとれない」「自分を責めることをやめることができない」「いままでできていたことができなくなってきた」など、もし心身に疲れがみられたら、悪化する前にぜひヨガをはじめてみませんか?

自律神経を整えることで、心身を元気にすることが可能になるのです。その効果にきっと驚かれることでしょう。ヨガスクールで実際に習うことができたら、家でも時間があるときに心身を整えることができますよ。

 

  • fb
  • tw
  • line