有酸素運動は抗うつ薬と同じくらいの効果がある!? うつ病治療のヒント

2021.01.12 うつ・メンタル不調

1.うつ病は脳の病気!

うつ病は脳の病気です。うつ病の方の脳の中では、セロトニンという物質が少なくなったり働きにくくなったりしていることが科学的に証明されています。うつ病は決して、甘えでも考え方の問題でもなければ、性格の問題でもないのです。「うつ病になったのは心が弱いからだ」と自分を責めてしまいがちですが、できるだけ自分を責めないであげてください。うつ病はれっきとした病気なのです。

2.うつ病の治療では薬と休息が大切

うつ状態がひどいときは、生きる事を辛く感じてしまったり、ひどくなると希死念慮(死にたいと願う事)が浮かんでしまう事もあり、何もできないことへの罪悪感や焦燥感に襲われてしまいがちです。そういったうつ状態のときは、精神科の薬をきちんと飲んで症状をおさえ、ゆっくり休息をとりましょう。睡眠をたっぷり取る事を心がけ、眠れなくてもベッドに横になり、心身を休めます。うつの波は必ず過ぎていくので焦らないことが大切です。

 

3.有酸素運動は抗うつ薬と同じくらいの効果がある!?

うつの波が過ぎ去り、症状が落ち着いてきた時は、運動をしてみましょう。なぜなら、運動をすることによってセロトニンが活性化されるからです。特に有酸素運動がおすすめです。1週間150分以上の有酸素運動は、抗うつ薬と同じくらいもしくはそれ以上の効果があると言われています。有酸素運動とは、15~40分くらいの時間を無理なく継続できて、少し汗ばむくらいの運動のことを言います。主な有酸素運動は、散歩・軽いジョギング・ラジオ体操・ヨガ・ピラティスなどです。週に2~3日で良いので、無理のない範囲で有酸素運動を取り入れてみましょう。

4.まとめ

有酸素運動は抗うつ薬と同じくらいの効果があります。調子の良い日や症状がおさまっているうつ病の方は、ぜひ有酸素運動を取り入れてみてください。ただし、無理は禁物。自分の調子と相談しながら、無理のない範囲で有酸素運動をしていきましょう。

 

  • fb
  • tw
  • line