メンタル不調解消に運動は最適! おすすめのエクササイズや続けるコツ

2021.01.08 うつ・メンタル不調

人間関係や経済的な不安、仕事のトラブルなど、現代人はあらゆるストレスを抱えていることから、メンタルヘルスが重要な問題となっています。メンタルのケアに最適なのが運動を行うこと。身体を動かすことで心身のバランスを保ち、上手にストレスと付き合っていくことができます。今回はメンタルヘルスケアにおすすめのエクササイズや続けていくコツについてご紹介します。

 

メンタルヘルスの重要性

メンタルヘルスとは心身の健康状態のことを指します。ストレスに悩まされることなく、楽しく生活を送っていればメンタルヘルスは良好であると言えます。
そんなメンタルヘルスですが、周囲の環境による影響を受けやすく、仕事上のストレスや些細な人間関係のトラブルで悪化していきます。またメンタルの不調を抱えると、うつ病や不眠症といった症状が現れてきます。
こうしたメンタルヘルスの不調が仕事における生産性に影響を与えることから、昨今では多くの企業でメンタルヘルスの不調解消に向けた対策が取られています。

 

メンタル不調解消には運動がおすすめ

そんなメンタルヘルスのケアにおすすめなのが運動です。現代人がストレスを抱えやすい原因は運動不足からきていると言われています。運動は身体だけではなく、心にもさまざまな効果をもたらしてくれます。

ストレスを解消できる
運動はストレスを解消する上で効果的な活動です。カナダ クイーンズ大学のアダム・ヒーナン氏(臨床心理学)による研究では、「運動を行うことで物事を前向きに考えられるようになり、楽観的になる」という結果が報告されています。物事の見方はストレスの大きさと関係しています。適度に運動を行うことでストレスを和らげることができます。

快感が得られる
運動を行うようになると、満足感や達成感といった快感が得られるようになります。体重を何kg落とす、ランニングで5km完走できるようにするなど、具体的な目標を設定しておけば身体の変化を実感できるようになるでしょう。このように目標を達成することで自信が得られれば、うつ病の予防にもつながります。また何かしらの目標を見つけて取り組んでいけば集中力が高まり、一時的にでも嫌なことを忘れられるようになります。

快眠に入りやすくしてくれる
身体を動かすことで脳と体の疲労のバランスを保ち、不眠症の解消につながります。実際に運動する頻度が少ないと血流が悪くなり、血液中に疲労物質の乳酸が溜まっていきます。乳酸には神経を高ぶらせる作用があり、運動をしない人ほど眠りにくくなります。運動を行うことで血流を良くし、眠りやすい状態の身体にしてくれます。またしっかりと睡眠をとることで、ストレスを解消したり、やうつ病を予防したりすることができます。

身体を温めてくれる
身体の保温はメンタルのバランスを整える上で有効です。人間の身体は温められることで筋肉の緊張がほぐれ、リラックスしているときに作用する副交感神経が働くようになります。運動することで身体が温められると、副交感神経が作用し、心身をリラックスさせることができます。

 

メンタルヘルスのケアに最適なエクササイズ

日常生活でできる運動は実にさまざまですが、ここでは手軽にできてかつ続けやすいエクササイズをご紹介します。

ウォーキング
ウォーキングはストレス解消に効果があり、メンタルヘルスの調子を整えるとされています。英国のNPO法人「ウォーキング フォー ヘルス」が実施したプログラムでは、参加した人全てにストレスレベルやメンタルヘルスの変化が見られ、うつ傾向のある人では数値上で大きな改善が確認されたそうです。また緑の多い場所で走ったり、効果的なやり方で実践したりすると、ストレス解消の効果がより実感できると言われています。

ヨガ
ヨガは精神面に働きかけるトレーニングであり、自律神経の乱れを解消してくれます。ヨガで行うポーズや腹式呼吸は過度の緊張をほぐして、自律神経のバランスを整えてくれます。筋肉を緩めたり、ゆっくりと意識しながら深呼吸したりすることで心と身体をリラックスさせ、ストレスを解消することができます。またお部屋にアロマを焚いたり癒しの音楽をかけることで、リラックス効果を高めることができます。

ピラティス
ピラティスもヨガとともに呼吸を重視しています。ピラティスでは胸式呼吸が行われ、胸式呼吸は頭や身体を活性化してくれる作用があると言われています。頭や身体をリフレッシュさせることで充実感や爽快感が感じられます。またピラティスはインナーマッスルを鍛えることで内臓機能や呼吸機能を強化し、心身のコンディションを整えてくれます。

 

ストレスなくエクササイズを続けるポイント

エクササイズはメンタルヘルスケアに最適ですが、無理をするとかえってストレスの悪化につながります。肝心なことは自分のペースで続けること。疲れたり飽きたりしたとは、いったん休んだり、他のエクササイズを行うなどしてみましょう。
また自分一人では続けるのが難しい方は、教室やサークルに参加してみるといいでしょう。他の人と交流することでモチベーションを維持できる他、ストレスの発散にもつながります。

 

  • fb
  • tw
  • line